グリーンスムージーって、何?

本来スムージーとは凍らせた果物や野菜をミキサーなどで、シャーベット状に混ぜて飲むジュースです。
グリーンスムージー
グリーンスムージーとは?
生のグリーン(緑色の野菜)とフルーツに水と一緒にミキサーを使ってジュース状にした、体に必要な栄養素をたくさん含んだ飲み物です。

どんな作用?
肌荒れや体の様々な不調の原因となるビタミン・ミネラル・アミノ酸が豊富なグリーン野菜の高い栄養素が、一番シンプルに・効率よく摂取できます。
体のデトックス効果や特に女性の美容・ダイエットにも嬉しい効果があると、男女問わず大人気です

グリーンスムージの、飲み方♪

野菜と果物・水の組み合わせです♪

組み合わせ
組み合わせ方は、数えられないほどたくさんありますが、
中でも人気で、初めての人でも飲みやすい組み合わせです↓
①ほうれん草+バナナ+リンゴ+お水
②小松菜+バナナ+みかん+お水
③ほうれん草+バナナ+キウイ+アボカド+お水

☆果物の皮には、酵素と食物繊維・ミネラルなど、たくさんの栄養素が含まれているので、作る時はキレイに洗って皮こと使うことをおススメします(^_-)
いろいろ組み合わせながら、自分の好みに合った物を見つけるのも楽しいですね~

でも、材料を集めるのって結構大変!
少しずつ色んなものを食べるのは良いことだと知っていても、材料費も考えると、いつも定番のバナナとリンゴになっちゃう・・・って時は、市販のグリーンスムージーもおすすめです!
粉なので保存も効くし、水だけあればOK!
しかも1杯あたり60円前後と安く、味もマンゴー風味とか色々あるし、結構おいしくてクセになります♪

ちなみに、氷は入れず、常温で飲むのがベストです◎

夏は悪くならないよう冷蔵庫で保管したりしますが、必ず常温に戻してから飲みます。

なぜなら、生の野菜・果物は冷たいまま飲むと体を冷やしてしまうので、ダイエットと思って飲んでるのに便秘の原因になるなど、逆効果になります。

どれくらい飲めば、いいの?

水筒
大体1日1~2ℓ飲むのことをおススメします♪
朝多めに作って水筒などで持ち歩きながら、お水の代わりや休憩中などに小まめに飲むと良いです。

副作用などは、ないの?

材料
新鮮な野菜・果物を材料としているので、基本的には何の副作用もありません。

しかし体質によっては、飲み始めの頃に胃が痛かったり・生理の量が増えたり・吹き出物が出たり・更には吐き気や便秘・下痢などの、一時的な症状が出る場合もありますが…

これらは酵素の、体内での老廃物を排出する働きによる「好転反応」だそうです!
飲む内にだんだん解消するので、不安がらずに飲み続けましょう(^◇^)

どうしても気になる場合は、水を多めに入れたり・1日の飲む量を減らしたりして、自分の体に合うよう工夫してみて下さい(^^♪

気を付けること!

①でんぷんを含む野菜と豆類は、入れません!
例えばニンジンやブロッコリー、白菜、キャベツ、なす、カボチャ、さやえんどう、トウモロコシなど。

こういう材料は、お腹にガスを溜めやすくするため、効果がないのはもちろん、お腹が痛くずっと苦しい思いをすることになります…

②牛乳・ヨーグルトは、入れません!
スムージーは、野菜や果物本来の栄養素を効率よく吸収するための、飲み物です。
しかし、牛乳やヨーグルト・ジュースなどの、タンパク質を一緒に取ると、高い栄養素の吸収が妨害されるそうです!

一番良いのは、生の野菜+果物+お水の組み合わせで、これ以外の物は一切入れません!

③野菜や果物の種類は多すぎず、2~3種類で十分だそうです!
たくさん入れたい場合は、毎日の組み合わせを変えることをおススメします^^

最近は、コンビニでもグリーンスムージーが売られていて、とても美味しいのですが…
やはり、糖分が気になりますww
自分で選んだ材料で、自分の手で作って安心して飲みたいですね(^◇^)
市販品を買う時は、裏面表示とカロリーをしっかりチェック☆しましょう!